会社沿革

溝ノ口レミコン株式会社

1962年6月 小野田レミコン販売協同組合として発足
1964年3月 厚木工場操業開始
1967年7月 厚木小野田レミコン(株)に名称変更
資本金3,000万円
1972年3月 神奈川県川崎市高津区宇奈根に溝ノ口工場を新設
1972年11月 日本工業規格表示認定を取得
(普通、舗装、軽量コンクリート)
1979年8月 厚木小野田レミコン(株)より溝ノ口工場の営業権を継承し、
溝ノ口レミコン(株)として発足
1987年8月 3000リットルのバッチャープラントに建て替え

瀬谷レミコン株式会社

1982年11月 神奈川県横浜市瀬谷区北町に瀬谷工業(株)として設立
資本金3,000万円
1985年2月 生コンクリート製造開始
1985年7月 日本工業規格表示認定を取得
(普通、舗装コンクリート)
1985年10月 瀬谷レミコン(株)に社名変更
1990年12月 日本工業規格表示認定を取得
(軽量コンクリート)

吉原レミコン株式会社

1963年4月 静岡県富士市浅間上町に吉原レミコン(株)の前身として生コン工場を操業開始
1965年10月 当生コン工場を大同建材産業(株)が事業を継承
吉原レミコン(株)を設立
1969年2月 日本工業規格表示認定を取得
(普通、舗装コンクリート)
1971年7月 資本金3,000万円に増資
1982年6月 2,500リットルのバッチャープラントに建て替え

溝口瀬谷レミコン株式会社

1998年4月 溝ノ口レミコン(株)、瀬谷レミコン(株)、吉原レミコン(株)の3社を統合し、
新社名・溝口瀬谷レミコン株式会社を発足
本社を溝ノ口レミコン工場に置き、事業を継承
資本金5,000万円
代表取締役社長に小原 隆三郎が就任
2007年5月 代表取締役社長に青木 俊宏が就任
2007年6月 溝ノ口レミコン工場・第二工場(3,300リットル)のバッチャープラント新増設
2007年12月 溝ノ口レミコン工場・瀬谷レミコン工場 日本工業規格 適合性認証取得
(普通・舗装コンクリート)(軽量コンクリート)
2008年5月 吉原レミコン工場 日本工業規格 適合性認証取得
(普通・舗装コンクリート)
2008年6月 溝ノ口レミコン工場 日本工業規格 適合性認証取得
(高強度コンクリート)
ページトップへ

大同ホールディングスグループ